短納期/印刷コストの削減/スピード対応

0502-018-1785

受付時間 8:00~24:00
年中無休(年末年始を除く)

商品を探す

べんりな機能

  • リピート注文
  • 印刷物お見積書発行
  • 各種印刷デザインテンプレート
印刷商品一覧

商品から選ぶ

商品テーマ

都内23区限定超特急印刷

お支払い方法

  • 代金引換
  • 銀行振込
  • FREX B2B後払い決済
  • 各種クレジット
対応クレジットカード
Pit-in/ピットイン
twitter/suprint_ugo
JAPANCOLOR

中綴じ冊子をプロの印刷会社だからこそできる「激安特価」でお届けします! 大部数、小部数に関わらず格安の価格設定なので、お気軽にご利用いただけます。

印刷会社をお探しならスプリント/Suprint。ご注文いただいた印刷を、即日対応という圧倒的なスピードで当日納品(都内配送限定)を実現。

スプリントでは印刷物のデータ内容が公序良俗・法律に反するものと判断したものは、ご注文後でもお断りさせて頂きます。

印刷のSuprintホーム > 中綴じ冊子

  1. 商品を選択
  2. 用紙・納期・部数を選択
  3. オプション追加
  4. ショッピングカート

中綴じ冊子 商品一覧

中綴じ冊子

中綴じ冊子

中綴じとは4ページ分を2つに折ったものを重ねて、センターをホチキスで止める製本方法です。会社案内・学校案内・パンフレット・カタログ等でページ数が少ない印刷に最適です。

ここがオススメのポイント

表紙PP加工(クリア・マット選択可)にも対応しているので、よりリッチな仕上がりにする事も可能です。
※「表紙PP加工」を希望する場合は、「表紙を別の仕様で印刷」をご指定ください。
(コート系・マットコート系135kg以上の用紙 を推奨)

テンプレートをダウンロードデザインのご相談はこちら

商品名 サイズ(mm) 備考
CDサイズ/中綴じ冊子 W121×H120
A6/中綴じ冊子 W105×H148
A5(B6)/中綴じ冊子 W148×H210、W128×H182
A4(B5)/中綴じ冊子 W210×H297、W182×H257
B4/中綴じ冊子 W257×H364
A3/中綴じ冊子 W297×H420
【モノクロ】A6/中綴じ冊子 W105×H148
【モノクロ】A5(B6)/中綴じ冊子 W148×H210、W128×H182
【モノクロ】A4(B5)/中綴じ冊子 W210×H297、W182×H257
【モノクロ】B4/中綴じ冊子 W257×H364
【モノクロ】A3/中綴じ冊子 W297×H420
【横綴じ】A5/中綴じ冊子 W210×H148
【横綴じ】A4(B5)/中綴じ冊子 W210×H148~W297×H210
【横綴じ/モノクロ】A5/中綴じ冊子 W210×H148
【横綴じ/モノクロ】A4(B5)/中綴じ冊子 W210×H148~W297×H210
折パンフレットセミナー資料・報告書
選べる用紙
コート73kg・コート90kg・110kg・135kg、マットコート90kg・110kg、・135kg、上質紙70kg・90kg・110kg・135kg
再生紙コート90kg・110kg・135kg、再生紙マットコート90kg・110kg・135kg
サテン金藤90kg・110kg・135kg、ハイマッキンレーアート110kg・135kg、ハイマッキンレーピュアダルアート110kg・135kg
ヴァンヌーボVGスノーホワイト130kg・150kg、アラベールスノーホワイト110kg・130kg
ご注意
※変型サイズに関しましては、納期および価格が変更になる場合がございます。
※入稿の際はデータ内等で、「表紙ページ」「ページ数」等ご指示ください。
※通常の中綴じ冊子は、長い辺 が綴じられます。
  【横綴じ】と付いた中綴じ冊子は、 短い辺 が綴じられます。
関連リンク
 | 無線綴じ冊子(36P以上の冊子なら) | 小部数/中綴じ冊子(5部から印刷可能) | 

ページトップへ戻る

【観音表紙】中綴じ冊子

冊子の表紙を本の大きさよりも大きい紙にし、観音折りにして折り込んである状態にします。これにより、デザインスペースを活かした表紙のデザインや仕掛けを盛りこむ事が可能になり、開いた際にインパクトを与えることが可能になります。

ここがオススメのポイント

表紙PP加工(クリア・マット選択可)にも対応しているので、よりリッチな仕上がりにする事も可能です。

※「表紙PP加工」を希望する場合は、「表紙を別の仕様で印刷」をご指定ください。
(コート系・マットコート系135kg以上の用紙 を推奨)

テンプレートをダウンロードデザインのご相談はこちら

観音表紙の説明
商品名 サイズ(mm) 備考
【表紙片観音】A4/中綴じ冊子 W210×H297
【表紙両観音】A4/中綴じ冊子 W210×H297
【表紙片観音】B5/中綴じ冊子 W182×H257
【表紙両観音】B5/中綴じ冊子 W182×H257
【表紙片観音】A5/中綴じ冊子 W148×H210
【表紙両観音】A5/中綴じ冊子 W148×H210
折パンフレットセミナー資料・報告書
選べる用紙
コート73kg・コート90kg・110kg・135kg、マットコート90kg・110kg、・135kg、上質紙70kg・90kg・110kg・135kg
ご注意
※入稿の際はデータ内等で、「表紙ページ」「ページ数」等ご指示ください。
※本商品は、長い辺 が綴じられます。
関連リンク
 | 無線綴じ冊子(36P以上の冊子なら) | 小部数/中綴じ冊子(5部から印刷可能) | 

ページトップへ戻る

小部数/中綴じ冊子(5部から印刷可能)

小部数/中綴じ冊子(5部から印刷可能)

プレゼン資料やマニュアル、企画書や報告書等のビジネスユースに最適な少部数のオンデマンド冊子です。中綴じとは4ページ分を2つに折ったものを重ねて、センターをホチキスで止める製本方法です。

テンプレートをダウンロードデザインのご相談はこちら

商品名 サイズ(mm) 備考
A5中綴じ冊子/デジタル印刷 W148×H210(限定サイズ)
A4(B5)中綴じ冊子/デジタル印刷 W210×H297、W182×H257
折パンフレットセミナー資料・報告書
選べる用紙 -表紙-
コート110kg・135kg、マットコート110kg・135kg、アートポスト160kg・180kg・220kg、マットカード160kg・180kg・220kg、
ミラーコート(裏:コート紙)135kg・180kg・220kg、色上質 浅黄・桃・空・鶯(うぐいす)・クリーム 特厚口・中厚口
選べる用紙 -本文-
コート90kg・110kg・135kg、マットコート90kg・110kg・135kg、上質70kg・90kg・110kg・135kg
ご注意
※入稿の際はデータ内等で、「表紙ページ」「ページ数」等ご指示ください。
※本商品は、長い辺 が綴じられます。

ページトップへ戻る

綴じなし冊子(スクラム製本)

「スクラム製本」とは町の広報誌、社内報などでよく用いられる製本方法で、ホチキス留めをしない(綴じない)形で新聞の様に2つ折りにした用紙を重ねていきます。

ホチキスを使用していないことから安全性を重視するシチュエーションでも重宝されており、学校や児童館などのお子様がいる場で配布する資料としても適しています。

テンプレートをダウンロードデザインのご相談はこちら

スクラム製本
商品名 サイズ(mm) 備考
A6/綴じなし冊子 W105×H148
A5(B6)/綴じなし冊子 W148×H210、W128×H182
A4(B5)/綴じなし冊子 W210×H297、W182×H257
B4/綴じなし冊子 W257×H364
A3/綴じなし冊子 W297×H420
【モノクロ】A6/綴じなし冊子 W105×H148
【モノクロ】A5(B6)/綴じなし冊子 W148×H210、W128×H182
【モノクロ】A4(B5)/綴じなし冊子 W210×H297、W182×H257
【モノクロ】B4/綴じなし冊子 W257×H364
【モノクロ】A3/綴じなし冊子 W297×H420
折パンフレットセミナー資料・報告書
選べる用紙
コート73kg・コート90kg、マットコート90kg、上質紙70kg・90kg
再生紙コート90kg、再生紙マットコート90kg、サテン金藤90kg
ご注意
※入稿の際はデータ内等で、「表紙ページ」「ページ数」等ご指示ください。
※本商品は、長い辺 が綴じられます。
関連リンク
 | 中綴じ冊子 | 【観音表紙】中綴じ冊子 | 

ページトップへ戻る

中綴じ冊子/簡易校正セット(インクジェットプルーフ)

簡易校正サービス

仕上りサンプル(校正紙)を実際に目で見て不安を解消!

印刷物の注文をする際に、きちんとイメージ通りに仕上るのか不安になる方も多いと思います。

「簡易校正サービス」をご利用頂く事で、実際に印刷(本印刷)する前に仕上りのサンプル(校正紙)を確認することが可能になり、そのまま生産工程に移るか、またはデータの修正を行った上での再入稿をするかお選びいただけます。

また、校正紙はインクジェット方式のプリンタを使用しており、実際に使用する印刷機で各用紙に印刷した場合を想定して、色味が近似するようにシミュレーションをします。本印刷の前に色味の確認をしたい場合にも、是非ご利用ください。


「簡易校正サービス」ご注文の流れ
「簡易校正サービス」ご注文の流れ
・校正紙の内容でOKのお返事をいただいた場合
内容に問題ない旨をお返事をいただいた時点で受注日、及び出荷日が正式に確定します。その後、ご注文商品の生産(本印刷)に移行します。
・データの再入稿ご希望で再校正不要の場合
データの修正等を行なって改めて印刷データを再入稿した場合、カスタマーでデータチェックを行い再入稿されたデータに問題がない事が確認された時点で、受注日、及び出荷日が正式に確定します。
・データの再入稿ご希望で再校正もご希望の場合
データの再入稿をする際に、再度「簡易校正サービス」をお申込みいただくことも可能です。
(再校正分の追加料金が発生します。)
・決済方法に関して、以下の点にご注意ください
【代金引換】
仕上りサンプル(校正紙)のお届け時に代引手数料と共にお支払いいただきます。
再度、簡易校正を希望された際は、追加料金とその際に発生する代引き手数料をお支払いいただきます。
【銀行振込】
ご請求金額をご入金いただいてからのデータチェック開始、及び仕上りサンプル(校正紙)の作成となります。
再度、簡易校正を希望された際は、追加料金をご入金いただいた後に作業を開始いたします。

テンプレートをダウンロードデザインのご相談はこちら

商品名 サイズ(mm) 備考
A6/中綴じ冊子 簡易校正セット W105×H148
B4/中綴じ冊子 簡易校正セット W257×H364
A3/中綴じ冊子 簡易校正セット W297×H420
CDサイズ/中綴じ冊子 簡易校正セット W121×H120
A5(B6)/中綴じ冊子 簡易校正セット W148×H210、W128×H182
A4(B5)/中綴じ冊子 簡易校正セット W210×H297、W182×H257
折パンフレットセミナー資料・報告書
選べる用紙
コート90k・110kg・135kg、マットコート90kg・110kg、・135kg
サテン金藤90kg・110kg・135kg、ハイマッキンレーアート110kg・135kg、ハイマッキンレーピュアダルアート110kg・135kg
【必ずご確認ください】
  • 校正紙は、1~5枚からお選びいただけます。
  • 両面印刷での簡易校正紙は、表裏を片面に付け合せした状態で納品いたします。
  • 簡易校正には本印刷のオプション加工は適用いたしません。
  • お客様にて簡易校正をご確認後、弊社に本印刷OKのお返事をいただいた日を受注確定日といたします。
  • 色味が本印刷に近似するようにシミュレーションしておりますが、完全に色味が本印刷とマッチするものではありません。

ページトップへ戻る

製本冊子こそ印刷会社にお任せください!

家庭用のプリンターが普及したことで、ワードやパワーポイントで作成したデータをA4サイズのチラシやフライヤーなどに誰でも簡単に印刷できるようになりましたが、「冊子を作る」となるとなかなか難しいのではないでしょうか。

製本テープなど販売されているので、ページ数が少ない会議資料なら自分達でプリントアウトして自分達で製本して…というのはできなくもないと思いますが、そのヒューマンリソースや時間、インク代などを考えたら「外注で業者に任せたほうが良かった」という結果になってしまう事もあると思います。
そういう時こそ役に立つのが『スプリント』の様な印刷通販サイトなのです。

業者に頼むと高くなってしまうと思われている方も多いと思いますが、ネットで注文する印刷通販は間に営業がいないなど、お客様に印刷物をお届けするまでに従来よりも手間やリソースが掛からないことから低価格でご提供することを実現しています。

また、小部数から頼めるデジタル(オンデマンド)印刷や、100部から頼める大部数がお得なオフセット印刷、そして必要な部数や納期、仕上げたいイメージやページ数など、お客様の理想に合わせて商品を選ぶことが出来るのも大きなメリットです。

「アルバイトを総動員して明後日の会議までに資料を100部作らいないといけない!」という状況の中で、プリンターを占領してフル稼働してインクもなくなって、用紙も尽きかけて…。
こういった非常事態に陥いる前にぜひご覧いただきたいのです。手間やリスクを加味すると、印刷通販で注文してしまったほうが確実で、コストも削減できるのではないでしょうか。

そして何よりも品質です。印刷会社の製本技術はプロならではのクオリティーなので、受け取る側も刷り上がった物を手にとった際に「ちゃんとしている」という印象を受けるはずです。

「やっぱりコストが気になる…」という方は余裕を持った納期で注文することで、短い納期の価格よりもお安くなりますので、製本冊子のご入用でお困りの際は是非ご利用をご検討ください。

中綴じと無線綴じの違い

「中綴じ」と「無線綴じ」の違いというのはご存知ですか?
背の中央で針金を通して製本する方法が「中綴じ」。 ページ数が多いものにはあまり向いていないので会社案内や簡易的な情報誌などでよく使われています。

そして「無線綴じ」は糸や針金を使用しないで糊を使って製本する方法です。 「中綴じ」とは反対に論文や文集、文庫本やコミック雑誌等のページ数が多いものに 適しています。
電話帳や「少年◯◯◯」の様な厚目の雑誌なんかは有名な例かもしれませんね。

どちらの製本方法もプロの印刷会社にしか出来ないクオリティーがあるので、仕上がりの品質にこだわりがある方も安心してお任せいただけます。

パンフレットの作成に関しても同様に、巻3つ折、Z折など「折り」もプロの印刷会社ならではのクオリティがあります。印刷物は「見せる」「読ます」というのはもちろんですが、「手に取る」という事を意識する事も大事なので、「製本」や「折」などの品質に関しても私達は大切にし、お客様がご満足いただけるクオリティをお届けしております。