色上質チラシ印刷の受付を開始しました

ネット印刷スプリントでは、色上質紙へ印刷する「【色上質】チラシ・フライヤー印刷」のネット受付を開始しました。

「【色上質】チラシ・フライヤー印刷」は、用紙全体に色がついた色上質紙に対してモノクロ(単色)で印刷しチラシに仕上げていく商品です。色上質紙は、上質紙のようにさらりとした手触りが特徴で、鉛筆やボールペンなどあらゆる筆記具で書き込める筆記性を持つことが特徴です。色上質紙は、用紙自身に色味がついているので、モノクロでも手軽に華やかな印象を出すことができる用紙と言えます。

お買い求めしやすい料金設計とするために、「軽オフセット印刷」を採用しています。 お取り扱いしている色上質のラインナップは、3種類の厚さと13種類の用紙色です。

色上質紙ラインナップ

厚さ

特厚口上質110kgに相当0.1~0.16mm
厚口上質90kgに相当0.09~0.13mm
中厚口上質70kgに相当0.08~0.1mm一般的なコピー用紙とほぼ同じ厚さ

紙の色

色上質紙はどんな場面で使われている?

色上質紙は、価格も安価で、普段の生活でも目にする機会が多い用紙です。筆記しやすい特徴があるので「書くこと」にまつわる用途として利用されることが多い用紙です。

  • 学校の文集や資料集など
  • 問題集の色付きページ
  • 申込書
  • アンケート用紙

気になる品質、軽オフセット印刷とは?

軽オフセット印刷は、軽印刷とも呼ばれています。文字中心で写真をあまり含まない印刷物を少部数作りたい際に利用されることが多い印刷方式です。通常のオフセット印刷と比べて、線数が低いため、写真を含む精密な印刷には向いていないと言われています。

印刷物の出力イメージです。通常のオフセット印刷と比較いただけます。

軽オフセット印刷

オフセット印刷

線数

上記イメージや、弊社用紙見本をご覧いただくと精度の違いを感じていただけるかもしれません。印刷の細かさや精度を表す尺度として線数(スクリーン線数)で表現します。弊社取り扱いの軽オフセット印刷は100線で表現されています。

また、弊社の通常オフセット印刷は210線で表現されています。1インチ(約2.54cm)に並ぶ網点の数で精度を決めています。単位は線またはlip(line per inch)で表しています。1インチの幅に網点が210個並べば210線と表します。

軽オフセットの場合は、1インチの幅に網点が100個並んでいます。線数は、使用する用紙や印刷機、刷版、インキなどの諸条件が線数に合っているかどうかという印刷適性で決まります。線数を上げれば綺麗に出力されるというものでもなく、印刷適正で決まる、と言えます。

まとめ

網点の粗さをデザインに活かすことで、少しレトロな雰囲気のクリエイティブとしても活用いただけます。色上質紙の風合いや、軽オフセット印刷の仕上がりなど、用紙サンプルを準備しています。

色上質紙3種類の厚さと13種類の用紙色を含む、ネット印刷スプリントの用紙見本を無料でお配りしています。ぜひご利用ください。

総合印刷サイト「Suprint / スプリント」

Superior + print =「Suprint」
スプリントは上質な印刷物を、お手頃な価格で提供する総合印刷サイトです。
Web上でかんたんに印刷物を注文していただくことが可能です。


Suprint / スプリントの商品を見る

SNSでもご購読できます。