印刷ならスプリント

短納期/印刷コストの削減/スピード対応

0502-018-1785

受付時間 8:00~24:00
年中無休(年末年始を除く)

JAPANCOLOR

印刷会社をお探しならスプリント/Suprint。ご注文いただいた印刷を、圧倒的なスピードで都内配送の当日納品を実現。

スプリントでは印刷物のデータ内容が公序良俗・法律に反するものと判断したものは、ご注文後でもお断りさせていただきます。

印刷のSuprintホーム > ご利用ガイド > データの圧縮方法(Windows)

データの圧縮方法(Windows)

データの圧縮方法(Windows)

表面や裏面など、送信したいデータが、複数ある場合に、圧縮することで、
1個のデータにまとめることができます。

※圧縮することで、ファイル送信時の破損を抑えられる場合があります。

※再度入稿する際は前回のデータと区別しやすいように、「再」「-02」などを付加することをおススメします。

データの準備

分りやすい様に、注文番号や商品名等を付けたフォルダを作成します。

    フォルダの中に必要なデータを入れます。
  1. 作成したデータ(リンクの配置画像など全て)
  2. 出力サンプルデータ(スクリーンショット) 作成の仕方はこちら
  3. 注意事項や加工指示などのテキストデータ
データの圧縮方法win_01

圧縮の仕方

圧縮したいデータ(フォルダ)を右クリックします。
メニューの中の「送る」を選択すると横にメニューが開きます。
その中の「圧縮(zip形式)フォルダ」を選びます。

データの圧縮方法win_02

圧縮データの確認

圧縮が完了すると下の図のような圧縮ファイルができます。
(インストールされている圧縮ソフトによりアイコンは異なります。)
この圧縮されたファイルをご入稿ください。

データの圧縮方法win_06    

圧縮ソフトを利用した圧縮

圧縮ソフトを使用する際は、送信したいデータが入ったフォルダを圧縮ソフトにドラッグアンドドロップします。

ここでは「+Lhaca(ラカ)」(フリーウェア)を例にしています。
他の圧縮ソフトを利用する際は、「zip」「lzh」形式で圧縮お願いします。

データの圧縮方法win_03   archive_win_04.jpg

データの圧縮方法win_05